子供から大人まで楽しめる名古屋の大型テーマパークLEGOLAND(レゴランド)の魅力を解説!


見所がないといわれている名古屋に子供から大人まで楽しめる大型テーマパークLEGOLANDが誕生!

2016年の都市ブランドイメージ調査で推奨度調査で名古屋が最下位。
自分の街を他の地域の人にオススメできるか???という調査です。
もっともこれは、東京(23区)、横浜、名古屋・大阪・京都・札幌を対象にしたものなので他の都市を加えていくとわかりませんね。

訪問意識調査というものでも名古屋と答えた人がもっともすくないという結果が出ていたそうです。
私はそうは感じませんでしたけどね
やはり名古屋城しかないというイメージが強いのでしょうか
リピート率は結構高いみたいですよ。

名古屋の期待を背負って家族で楽しめるテーマパークレゴランドオープン!行く前にこちらをチェック!

2017年4月1日LEGOLAND(レゴランド)がオープンしました。
名古屋初の大型テーマパークです。
日本初上陸で世界では8番目。

レゴブロック自体は、2歳から12歳の子供を対象にしていますがこのレゴランドは、大人も夢中になれます。
むしろ大人の方が楽しめるかもしませんね。
まずは、行く前にいくつかチェックしておきましょう。

レゴランドって名古屋のどこらへん?何線?高速だとどこで降りれば???

名古屋といっても名古屋駅のすぐ近くではないのです。
最寄り駅は金城ふ頭です。
高速ですと伊勢湾岸自動車道「名港中央」です。
道路は混雑するので電車の方がいいですね。

名古屋の地下鉄は結構迷います。
いろんな地下鉄があるのです。
名古屋臨海あおなみ線です。
運賃は350円
10駅で24分ほどです。
乗り換えがなくて始発なので比較的楽だと思います。

レゴランドの料金と安く入れる方法

気になるのは料金ですね。
まず、2歳以下のお子様は無料です。
基本的な料金は、一人6900円です。
13歳以下だと5300円
これは当日に購入した場合ですね。

7日以前に購入すると、大人は6200円、子供は4700円
2日から6日前だと、大人な6500円、子供は5000円
事前購入の方が断然お得です。
購入時に並ぶ手間も省けますね。

お子様連れの場合は、ファミリー1Dayパスポートというのがあります。
これは入場の2日までに購入する必要があります。
3名4名のプランがあります。

3名ですと7日前の購入で大人2名、子供1名で14700円
通常でバラで購入すると、19100円ですから4400円もお得ということになります。
2日から6日前に購入ですと15600円

4名ですと7日前の購入で大人2名子供2名で18300円
。
バラで購入すると24400円ですから6100円もお得なのです。
2日から6日前ですと19600円
その分食事とか土産物にお金を使えますね。
入場する前の裏技!これだけやっておくと違う!

駐車場はより上へ!1Fは避けること

レゴランドはオープンして間もないです。
なにせ2017年の4月です。
平日だろうが混雑しています。
他の大型施設にも言えることですが
1Fは満車が多いので空いてるところ探すよりどんどん上へ行きましょう。
上の階へ行くほど空いている可能性が高いです。

現金はあらかじめおろしてく

園内のATMの場所というのは限られています。
それだけに混雑します。

できれば前日までにおろしておいたほうがいいです。
最悪名古屋駅周辺でおろしちゃいましょう。

レゴランドはペットボトル・缶、ビンの持ち込みは禁止

園内では水筒以外の飲み物の持ち込みは禁止となっています。
なので安い自販機であらかじめ買っておくという技が使えません。
水筒の持ち込みは許可されていますのでそれがオススメですね。
持ち込みが禁止なだけで園内では普通に飲み物は売っています。
基本水筒で足らない分は買うのがベストですね。

レゴランドのいいところって?魅力を解説!

基本やはり家族で行く方向けですね。
閉園時間が一番遅くて19時までと他のテーマパークより早く閉まります。
平日だと17時までなので
大人がデートするにはちょっと早い感じはしますね。

ですが中高生のデートには向いていそうです。
子供と親をターゲットにしていることを考えると19時閉園は納得できますね。
TDLやUSJだと子供も自分も疲れてしまうのと子供には向いていないアトラクションが多いことが考えるとうってつけだと思います。

中もそんなに広くはないです。
閉園時間が早いので家でゆっくりと子供を寝かせることができますね。
将来は時間を延ばす計画をしているみたいですが・・・・

魅力その1 家では味わわないレゴの迫力ある世界観

ショッピングモールを含めたおもちゃ屋ではレゴを扱っていない店はないといっていいでしょう。
色んなパーツを作っていろんな世界を作れる。

それがレゴの魅力。

それが大きくなってまるで自分がその世界にはいったみたいになるのです。
ただ、大きくなっただけでなく、乗り物まであるのです。
レゴにそんな馴染みない方でも圧倒されますね。

魅力その2 原点を忘れない!ブロックを使って組み立てもできる

レゴといえばキャラや建物を組み立ててその世界を作るということです。
例えば、バンパイア城なんかはちゃんと鎧や武器まで表現されていて組み立てることができる。
人形の位置やポーズは自分独自のでできる。
他のと組み合わせればより楽しくなります。

ブロックトピアではその組み立てを体験できます。
家だといろいろ買わないといけないですがこのエリアは種類が豊富です。
店で売っていないものもあります。

組み立てはタッチパネル式もあります。
手を挟んだりしたら心配だなという方はそちらを利用してみるといいです。

魅力その3 組み立てばかりじゃない!子供と一緒にアドベンチャー!

組み立ててるばかりじゃ子供も飽きてしまうと思います。
TDLとUSJみたいなアドベンチャーエリアもあります。
ダイバーになって海底の古代遺跡を探検
もちろんその遺跡はレゴでできていて海の生き物は本物です。
いくつ発見できるか楽しめます。

あとは車に乗り込んで古代遺跡を周り。
銃がついているので盗賊を退治して盗まれた宝物を取り戻すゲームです。
他にはジェットスキーやカーゴ、5メートルの高さから落下する乗りもの
それとボール遊びができるエリアがあります。
絶叫マシンではないですが乗り物系もしっかりしてますね。

魅力その4 消防士を体験できる!レゴシティ

レゴシティでは消防隊になることができます。
消防車があってそこから放水。
目の前にある建物の火を消すというアトラクション。
消防車には乗れるのでお子さんは消防隊になって気分になります。

魅力その5 まるで教習所!運転シミュレータができるドライビングスクール!

カートというのはどこのテーマパークにもあるイメージがあります。
しかし、このレゴランドのは違います。

レゴの世界に出てくるカートにのって敷地内を運転できます。
信号機や交差点がしっかりあります。
お子さんに交通ルールを教えることができますね。
ビデオによる交通安全講習があるのも芸が深いですね。
ライセンスもあるので子供もやる気がでますね・。
ちなみのこのアトラクションは、3歳から5歳用と歳から13歳用の二つに分かれています。

魅力その6 遊園地らしさを楽しめるナイトキングダム

ここまでくるとあまり刺激的じゃないアトレクションしかないイメージあります。
ジェットコースターや、メリーゴーランドあります。
中でもジェットコースターは、ドラゴンになってます

魅力その7 工場見学もできる土産物屋

土産物を買うならファクトリー!!
ファクトリー広場ではテレビに出てくるような工場見学ができます。
どうやってレゴができるかを観察できる。
しかも、できたレゴブロックはもらえる。
それで物足りなければショップも!