夏にぴったりのレジャーやスポーツを紹介!近場や避暑地で楽しもう!

家族で旅行
夏休みはどこへ行く???
定番は、海水浴や、プール、山登りなどですね。
しかし、それは定番過ぎて飽き飽きしている人もいるかもしれません。

特に海水浴やプールは混んでいますね。
お金と時間に余裕がある方は海外の避暑地へなんて方もいるでしょう。
そこは、除外させていだきます。

夏休みももうすぐです。
あまり暑い思いをせずに気軽に楽しめる夏のレジャーやスポーツを紹介します。
中にはすぐ近所で楽しめる遊びもありますよ!

エアコンが効いている室内で行うスポット

この夏の暑い時期は、あまり外に出たくないものです。
でも部屋に閉じこもりでは健康によくありません。
とはいってもテニスとか、フットサルジョギングゴルフは熱中症のリスクが高まります。

そういう時は屋内がいいですね。
屋内でも結構運動できるところはありますね。
エアコンが効いてることが大前提です。

あとは、子供とか女の子でも同じように楽しめることが大切ですね。
オススメとしては挙げませんが例をあげるとエアホッケーとかダーツですね。
初心者でも楽しめるのを前提に挙げていきます。

子供から大人まで楽しめる!!近場にもあるボルダリング

ボルダリングは本来は、道具を使わずに岩山を素手で登るスポーツです。
岩の突起物を掴んだり、切れ目に足をかけたりして登っていきます。
最近人気のスポーツです。

単独ではありませんがオリンピックでも行います、
岩山を登る???
危険だと思われがちですがご安心ください。

実はボルダリングは女性や子供にも人気です。
なぜなら、室内で岩山を見立てたものになっています。
こんな感じです。

ボルダリング

子供が普通に登っています。
ボルダリングの施設は専門であったりしますのでいってみてください。
もちろん最低限運動靴は必要です。

握力もついて体力もつくのでお子様の体力アップにも向いていますね。
有酸素運動無酸素運動を備えているのです。
インストラクターがいるところがいいですね。

相手は壁なので初心者でも!ダイエットにも最適のスカッシュ

普通のテニスはやはり避暑地にでも行かないといけませんね。
高原とかですね。
高原のペンションってテニスコートが付いていることが多いですね。

そこならテニスでもいいとは思います。
でも近場ならスカッシュですね。
スカッシュもボルダリングと同様に人気急上昇のスポーツです。

二人で壁に向かって打ち合う。
試合形式でやるのもいいですし、二人で協力して後ろのそらさないように打ち合うのもいいです。
普通のテニスだと実力に差がでてしまいますが、スカッシュは気軽に楽しめます。

スカッシュは普通のテニスラケットと違って軽いです。
その点は楽ですね。
ボールも柔らかいゴムでてきてます。

硬式テニスのボールに比べてると体の当たった時のダメージは少ないです。
しかし、目に当たる恐れがありますので本格的に行う方はゴーグルをつけたほうがいいですね。
スカッシュは、ひねり運動が多いのでお腹を凹ませたい方には向いていますね。

柔らかいから怪我が少ない?バブルサッカー

これは大人数向けのスポーツですね。
サッカーというとフットサルが人気があります。
しかし、屋外でやることが多いです。

室内ってそんなに多くないですね。
そんな中、人気が出てきているのがバブルサッカーです。
どんなスポーツ???

こちらの動画見るとイメージつかめると思います。


浮き袋みたいのをかぶって行うサッカーです。

転んでも痛くないのでお子様でもできます。
それにサッカー経験者でも慣れてないとなかなかとっつきにくいので実力に差が出ないと思います。
中には室外もありますが空気がもれるという性質上、屋内で行われることが多いです。

バブルをかぶっている間は、蒸し暑いので外でやったら地獄です。
室内でもそこそこ暑いのでこまめに休憩を入れましょう。
ぶつかりあうので結構ハードに見えますがお互いの転び方を笑いながらできます。

そのほかに体をぶつけ合うバブル相撲や、8名でひとつの土俵で押し合うバトルロイヤルもあります。
上記2競技は、バブルサッカーに慣れるために行うことが多いようです。

いろんなスポーツを楽しむならラウンドワン・スポーツジム

上記のスポーツに興味がない場合は、ラウンドワンなんかいいですね。
ボウリングや卓球、ダーツや、ミニバス、もちろんバブルサッカーも
店舗によっては種類が違うようです。

あとオススメなのがスポーツジムですね。
1日体験なんかありますので是非利用しましょう。
これを機会に入会もいいですね。

遠出するなら避暑地へ!涼しさ倍増の夏遊び!!

せっかくの夏なので近場よりも遠出したい。
近場のスポーツはいつでもいけるし・・・・・
そんな方はやはり避暑地がオススメです。

テーマパークはやはり並びますし、夏の日差しが容赦無く照りつけます。
海とかテーマパーク以外でオススメスポットを紹介します。
山や川が中心になります。

自然を満喫してマイナスイオンが気持ちいい。
たくさん遊んだあとはバーベキューなんかもいいですね。

ボートで川下り!ラフティング!

夏の暑い時期は川遊びはいいかもしれません。
しかし、深みにハマると大人でも川遊びは危険です。
そんな中、最近人気あるのがラフティングです。

ラフティングとは浮力のある小型ボートに乗って川を下るものです。
プールや海でゴムボートを見かけますがそれが大きくなったものですね。
だいたい5人から8人くらい乗りますね。

結構激流をくだるので水しぶきがかかって最高に涼しいです。
じゃあ危ないんじゃ???
インストラクターがつきますし、ヘルメットとライフジャケットを着用します

なので泳げない方でも大丈夫なのです。
ラフトはオールを使っての共同作業です。
しかし、欠点が年齢制限があることです。

中学生以上のところが多いです。
小学生以下のお子様がいる方は別の遊びを考えた方がいいですね。
年齢制限が気になる方は、カヌーやカヤックがおすすめです。
3歳以上でしたら参加できるそうですよ。

水に直接触れられて涼しい!キャニオニング・シャワークライミング

ラフティングと同じく、川の上流や渓谷で行うレジャーです。
ラフティングはボートですがキャニオニング・シャワークライミングはそういうのは使いません。
クライミングで想像はできるかと思います。

キャニオンニングは渓流をくだります。
自分の足で川を下っていくのです。
ウェットスーツ着て時には滑るようにくだっていきます。

シャワークライングは逆に渓流を登っていきます。
結構セットでやっているところが多いです。
ロープを使って登っていきます。

激流を下るわけではなく、比較的安全なところをいきます。
なのでラフティングと違って6歳以上のお子様も参加できます。
探検する形になりますので魚などを見ることができるかもしれません。

涼しい上に体力もつくので一石二鳥ですね。
もちろんインストラクターつきです。
ウェットスーツも貸してくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする