睡眠不足や体調不良、夏バテにならないための快適な睡眠方法

寝ている女性
1年のうちで一番寝付けないのはやはりこの夏真っ盛りの時期ですね。
この時期な寝苦しく、疲れが溜まっていって夏風邪や夏バテになる方は多いと思います。
スタミナがつくのを食べるという方法がありますが一番はやはり睡眠です。

早く寝てるけど途中で熱くて起きてしまう、
冷房入れて寝ているけど途中で寒くなる。
お腹の調子が悪くて眠れない。

暑いだけでなく、いろんな理由で眠れない方が多いと思います。
その予防方法と睡眠方法を教えます。

なぜ夏の季節は寝付けないのか?

まずは、寝付けない原因から考えないといけませんね。
それは日本の気候にあります。
赤道付近に住んでいる方は日本に来て祖国より暑いと話しているのを見たことがあります。

気温はそちら地方の方が暑いのになんで???と思いますよね?
ポイントは湿度なのです。
日本は、過去の最高気温は41度です。

それも稀なケースです。
その代わり湿度が高いのです。
なのでそれほど気温が高くなくても蒸されてるような暑さになるのです。

外国人が日本が暑いと考えるのはこの湿度のせいです。

睡眠と湿度の関係性とは?

湿度計
夏は寝苦しく原因は温度だけでないと言われています。
湿度の高さも原因しています。
確かに室温が32度とかだと暑くて眠れないですね。

しかし、室温が26度で部屋の湿度が80%とかを超えてくるとそれはそれで眠れません。
26度でも暑いと感じます。
では、なぜ湿度が高いと不快で眠れないのか??

実は人間の体って湿度が高いと皮膚から熱を拡散する機能が低下するのです。
人って常に熱を拡散しています。
輻射といいます、
体を触ると暖かいのはそのせいです。

また、座ったあとに椅子が暖かいのはその拡散された熱が伝わっているからです。
拡散機能が低下すれば熱がこもってしまいます。
それで暑さを余計感じてしまうのです。

人は睡眠中は体温が通常より低下します。
体温を低下させることによって体と脳が休眠状態に入るのです。
冬山で遭難した時に眠くなってしまうのもその状況です。

湿度が高いと体温が低下しにくくなるのです。
なので眠るのに時間がかかったり、眠れなくなるのです。

体温調節を上手くする方法

睡眠のコツは体温だということがわかりましたね。
では、どうしたら室温と湿度が高い状態でも眠れるか?
いくつか方法があります。

共通しているのが湿度を下げることと、熱をうまく放出できるようにすることですね。
温度と室温がわかるのを設置すると便利です。
購入することをおすすめします。

定番中の定番ですがエアコンと扇風機

一番簡単な方法はやはりエアコンです。
しかし、注意しないといけないのは湿度も下げないといけないことです。
まずは除湿にすることですね。

今のエアコンだとドライですね。
2011年以前のエアコンだと除湿にするときにいったん温度をあげてしまうのです。
なので湿度が下がるまで待たないといけないですね。

なぜなら昔のエアコンは除湿にすると電気代が高くつくのです。
湿度が上がったら冷房に切り替えます。
理想は28度です。

暑いと感じたら扇風機を併用してください。
エアコンは最低3時間はつけるのが理想です。
1時間しかつけない方が多いですがそれですと途中で暑くなって目が覚めます。

冷却機能があるパッドを使う

エアコンをつけると眠れないという方は結構いますね。
それにエアコンに頼りすぎは考えものです。
そういうときに便利なのは冷却パッドです。

パッドにはふたつのタイプがあります。
ジェルが入っているパットでシーツの上に置くタイプです。
ちょっと重いのと洗濯ができないエリアが狭いのが難点です。

もうひとつはシーツ代わりに敷くタイプです。
全体に敷けるので寝返りの打っても安心です。
その代わり冷却機能は置くタイプより弱いです。

自分は併用していますね。
なお、ジェルのタイプは天日干しが禁止なのでご注意ください。
この方法はうまく熱を放出できます。

アイスノンなどで頭を冷やす

この時期は結構冷えピタを使う方が結構多いですね。
たしかにあれは涼しいですね。
普通にオフィスで使っている方もいます。

冷えピタは確かにいいのですが睡眠時はあまり向いていません。
経験あるかと思いますが寝返り打ったときとか、汗をかいたときに取れてしまうからです。
それにおでこを冷やすより頭の後ろを冷やした方がいいのですね。

アイスノンなどの冷凍水枕をを使うといいですね。
敷きパッドと併用すると効果大です。

パジャマ以外で寝ないこと

昨今は、パジャマ離れをしていると言われてます。
冬だとパーカーで寝たり、夏だとTシャツに短パンで寝る。
昼寝くらいならそれでいいと思いますが夜はやはりパジャマがいいです。

理由としてパジャマの方が通気性がいいからです。
もうひとつは汗ですね。
Tシャツの場合は汗をかくとべったりとついてしまいます。

さらに気化するのが遅いので体を冷やしてしまったり、汗疹、さらにシーツまで濡らしてしまいます。
着替えるのが面倒という理由はあるかもしれませんがパジャマに着替えることが大切です。
その方が体温調節はうまくいくのですね。

寝る前の一工夫するだけで違います

お風呂
寝る前の一工夫。
寝る前にすることはエアコンですが今回は体に対する工夫です。
エアコンが一番いいですが健康的に快眠するコツを教えます。
ちょっとした工夫で快眠できるのです。
難しくなく、気軽にできます。

寝る前にお酒はNG!!

眠れないからお酒飲む方はいますがこれはだめなのです。
確かにお酒を飲むと寝付けるかもしれません。
しかし、いい睡眠ではないのです。

眠っていても浅いのです。
利尿効果があるので途中で起きてトイレに行くケースも多いです。
それにそれを続けているとお酒がないと眠れない体になってしまいます。

寝酒は舌を麻痺させることによって気道が舌でふさがります。
それによって睡眠時無呼吸症候群。
そしてそれが高血圧や糖尿病などの病気につながります。

以上の理由でお酒はオススメできません。

水分で一番いいのはただの水!

では、水分補給で一番いいのは何か???
ただの水です。
お茶やコーヒーは、カフェインによる利尿効果があるのでだめです。

水は冷水よりも常温の方が好ましいです。
実は睡眠時も汗をかきます。

夏場は特に多くかきます。
水分を取らずに眠ってしまうと脱水症状になる可能性がでてきます。
そうないように本能で目が覚めます。

それを防ぐために寝る前に水を飲むことは必要なのです。

やはりシャワーではなく、お風呂

この時期は暑いのでお風呂でははくシャワーで済ますことが多いです。
しかし、普通に眠れてるのでしたらシャワーでもいいですが・・・・
それでもそれを続けていると眠れなくなるのは確かです。
ぬるめのお風呂に10分ゆっくり浸かってください。

そうすると心拍数が下がって寝るときにリラックスできます。
それが良い睡眠を促すのです。

寝る前に快眠ストレッチ!

ストレッチは10分ほどです。
それをすることによって寝つきが良くなって睡眠の質が上がります。
朝の目覚めも快適です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする