豊島園のフィッシングエリアがすごい

先日豊島園に行ってきました。
行ったのは十数年ぶりでした。
豊島園と言ってもジェットコースターや観覧車に乗ったわけではありません。

豊島園にばフィッシングエリアというのがあります。
期間限定で開催されています。
2019年10月9日(水)から2020年5月6日(水)までです。

豊島園は遊園地だけでなく、プールもあります。
夏には賑わうスポットです。
フィッシングエリアというのは、シーズンオフとなったプールを利用しているのです。

遊園地より賑わっている感じがしました。
友人数名と行きました。
7時40分に待ち合わせで朝6時の電車に乗りました。

朝は強いタイプですがプチ日帰り旅行みたいな距離なので移動中は眠かったです。
電車が結構ガラガラだったのです。
特に池袋と豊島園の間はほとんど乗客がいませんでした。

ちなみに豊島園は西武池袋線の豊島園駅が最寄駅です。
駅からすぐなので電車がおすすめです。
途中で友人が電車に乗り込んできて合流。

もう一人の友人はすでに駅で待っていました。
フィッシングエリアは遊園地とは別エリアになっていて出入り口も別です。
豊島園の入場券が掛かるかと思いましたが大丈夫でした。

友人と合流した後は他の団体と合流。
ちなみにフィッシングエリアはミミズやイソメやエビなど生餌の使用は禁止です。
そりゃあそうですよね。

水が汚れてしまいますからね。
竿は友人が持っているのでルアーだけレンタルです。
ルアーは4つ借りました。

ルアー4つ

白魚なんかはなかなかリアルですね。
今回は大会でした。
2時間の間に多く釣り上げた人にはプレゼントがあります。

20人くらい参加者がいまして他にも団体さんがいらっしゃいました。
到着する頃にはもうたくさんの方がいました。
正直ここまで人数が多いとは思いませんでした。

ただ釣るだけじゃないフィッシングエリア

フィッシングエリアはただの釣り堀ではありません。
一般的な釣り堀ならリリースなのですがここの場合は持ち帰るか、調理して食事することができるのです。
持ち帰る場合は、1時間券なら3匹、2時間券なら6匹、3時間券なら10匹、6時間券なら20匹です。

やはり食べたほうがいいですね。
ちなみにここの魚は常に新鮮だそうです。
富士の天然水で育てた養殖です。

古くなると肥料業者が引き取っているのので頻繁に入れ替えをしているそうです。
それなら安心して食べれますね。
刺身にしてもいいくらいだと言っていました。

その話を聞いてよし頑張ってバンバン釣るぞ!!とテンションが上がりました。
流れるプールを見るといっぱい魚がいるのです。
一体何匹釣れるのだろ?

フィッシングエリアは3種類に分かれています。
アマゾンエリアと、ナイアガラエリア、ミシガンエリアです。
私は最初はナイアガラエリアへ行きました。

そこは波のプールに練馬サーモンというニジマスを大きくしたような魚を放流しています。
他の方が釣ったですがこんなに大きいのです。
大きいので焼くことはできず、お持ち帰りです。

ニジマス

羨ましいですね。
これ1匹だけでもお金を払った価値があると思います。
話を戻しましがナイアガラエリアは長靴を履いて奥へ行っている方がほとんどでした。

私は長靴は用意しておらず投げる練習だけしてアマゾンエリアへ移動しました。
アマゾンエリアは流れるプールになっています。
正直なところナイアガラエリアは長靴持ってない人は入ってこないでみたいな空気を感じました。

いざ釣り開始。

ちょっと練習をしたあとはアマゾンエリアへ移動して釣りを開始しました。
最初は白魚をセットしました。
もう岸のそばを魚が泳いでいますので投げる必要はなかったです。

ちょっとだけほいっとするだけでOKです。
それに下手に投げてしまうと近くの人と糸が絡まったら大変です。
それと重しと浮きはつけておりません。

食いついたらわかりますからね。
これなら簡単だなあと思っていましたがそうはいきませんでした。
ルアーに関心を示すことは示すのです。

でも、見ただけでそっぽを向いてしまう。
餌だという認識をしてもらえなかったのだと思います。
ルアーを変えたりしたが釣れず、周りも釣れていないみたいなので1時間くらいしてから移動しました。
すると一人が10匹以上釣っていました。

コツを聞いたら小さいルアーを使って垂らしているだけですよ???としかもいたのはスタート地点でそこから動いていないそうで・・・・
すると食いつきました!!
でも逃げられてしまいました。

結局釣果はゼロでした。
しかし、他の方が釣ったのを分けもらって魚を食べることができました。
内臓取りの担当を買って出ました。
2匹焼いて食べましたが美味しかったです。

塩振った魚

骨まで食べらそうなほど美味しい。
しかも炭火焼なのでますます美味しい。
普段は絶対に食べる機会がないですよね。

焼き魚

今度は長靴を用意してナイアガラエリアへ行ってみたいですね。
あそこの方が人が少ないので穴場です。
でも、大きい魚だともっとちゃんとした竿が必要になってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする